お金に好かれているか

貧乏は人はお金を追いかけるために、自分の時間を売ります。誰に売るか?資本家に売ります。資本家は労働者の時間を使って利益を生む仕組みを作ります。この仕組みが出来上がったら、また次の仕組み作りに取り掛かります。そうやって稼ぐ仕組みができてしまえば利益は青天井です。でも貧乏人の労働者は給料がもらえるから仕方なくせっせと労働しています。たまにカードキャッシングのお世話になったりしながら。

一方、金持ちは完全にお金と時間から自由になっています。使いたいときに使いたいだけのお金があり、時間も朝から釣りに出かけたり、昼寝したり、思いつきで旅行に行ったりできます。これは自分が働かなくてもお金を稼ぐ仕組みを所有しているからですね。お金を追いかけなくても、自動的にお金が向こうからやってきます。

貧乏人(労働者)と金持ち(資産家)の違いはここです。

子どもにかけるお金

金持ちの子どもは習い事をたくさんしているイメージがありますが、貧乏の子どもは公文くらいのイメージですね。金持ちほど、子どもにかけるお金は大きくなると思いますが、子どもと一緒に楽しむお金も時間もあるので、ディズニーランドに行ったりしているのかもしれません。産み分けをするために、色んな情報商材を買って「女の子が欲しい!」または「男の子が欲しい!」という願望をかなえるんでしょうね。

どちらにしても、お金があることはとても良いことです。お金はすべてではありませんが、大事なイベントでは必ずお金が必要になるので、金持ちが羨ましいです。